スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Googleバックリンクで重要な8つの要因

2009-08-05

Googleバックリンクで重要な8つの要因

バックリンクは主に次の8つの要因によって評価されます。

1. リンクしているサイトのトラスト
2. リンクしているサイトのオーソリティ
3. リンクが出現するページの場所
4. リンクの入れ替わり
5. リンクしているサイトの多様性
6. アンカーテキストの自然な多様性
7. キーワードが入ったリンクの自然な増加率
8. リンクの数

補足します。

リンクが出現する場所によって評価が違うのは、例えばサイドバーやメニューバーのリンクは、メインコンテンツよりも評価が低いとのことです。
とりわけフッターのリンクは、かなり評価が落ちます。

リンクの変更が与える影響は、リンクの場所によって異なります。
例えば、フッターのリンク(リンク先やアンカーテキスト)がころころ変わるというのは、いかにも有料リンクっぽいので、フラグを立てられるかもしれません。

特にメインメニューに外部サイトへのリンクを設置しているときは、極力そのままを保っておくべきだそうです。

ただし、サイトのタイプやリンクのタイプによっては頻繁な変更が問題にならないケースもあります。

ニュース系のサイトであれば最新のニュースを掲載するわけですからリンクは日々、もっと言えば数時間ごとに置き換わるでしょう。

ブログのサイドバーによく見られる最近の投稿や人気記事も、高い頻度で入れ替わることが普通です。

「多様性」というのは、いろいろな種類で構成されるということです。
バカの一つ覚えで、「家庭用ウォーターサーバー」のアンカーテキストだけでリンクを張ったり、リンク元がすべて無料ブログからだったりすると、明らかに自作自演であることがばれます。

リンクの数は、多くのウェブマスターが考えているようにそれほど重要ではありません。

被リンクを育てるときには、これらの8つの要因を頭に入れて施策するといいでしょう。

海外SEO情報ブログ




ドロップシッピングの場合、ブログを複数用意してそこから商品ページへバックリンクするのが手法の一つとして多用されてる方も多いと思います(私もそうです)
5・6・7に注意して取り入れないと無駄な作業、マイナス効果な作業になるので気をつけたいですよね^^:



theme : 思ったこと・感じたこと
genre : 日記

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは高山です

SEO対策においてもこの8つのポイントは大事ですね。私はあまりSEOに詳しくないのでわかりませんが、いつも成り行きでやっています


応援済み

No title

高山直人さん☆

応援&コメントありがとうございます♪
最近は検索サイトの仕様変更が頻繁みたいなので基本をおさえておくのが一番安心かもしれませんよね^^
プロフィール

easybeauty

Author:easybeauty
最近ドロップシッピングはじめました☆
よろしくお願いします♪

最新記事
MicroAd


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
Twitter
ドメイン&サーバー
Yahoo!オークション
最新コメント
ベストセラー



ウイルス対策
ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

シマンテックストア
月別アーカイブ
つけめん、ラーメン
最新トラックバック
カテゴリ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログランキング
ブログランキングに参加中です♪☆

にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





オススメサイト
もしもDS
リアルDS
リンク
オススメサイト
キャンペーン中♪
DMM.com ファッションレンタル



DMM.com CD&DVDレンタル
ブロとも一覧

net shopping  「美的通販生活」

★おいしいもの.com
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DSブログ相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

簡単ショップテンプレート
相互リンク集1
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。