スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 SEO:ウェブページを即座にインデックスさせる方法

2009-06-01

SEO:ウェブページを即座にインデックスさせる方法 - 「リンク張る」 Google Matt Cutts

グーグル・マットカッツ氏が新しいウェブページをすぐにインデックスさせる方法を解説。答えはシンプル「リンクを集めろ」。

10 年ほど前の検索エンジンは、インデックス更新サイクルが1ヶ月長と長かったため、新規にウェブページを公開してもアクセスを得るのに非常に時間がかかりましたし、また最新のニュースへ検索エンジンを通じたアクセスはできませんでした。しかし今日のGoogleやYahoo!はクローラやインデクシングの進化に伴い、完全なリアルタイムとまでは行かずとも、数分~3時間で新しいウェブページを登録・検索可能にしています。たとえばGoogleはいま世の中で起きている出来事に関するクエリで検索すれば、検索結果に1時間前や2時間前に発行されたばかりのウェブページを数多く検索結果に表示します。

しかし、あらゆるウェブサイトで発行されたウェブページがこのように、"ほぼ"リアルタイムでインデックスされるわけではありません。どうしたら、ウェブページをすぐにインデックスさせることができるのか。Googleエンジニア・Matt Cutts氏がYouTubeビデオで回答を寄せています。

「たくさんのリンクが張られること」これがMatt Cuttsの答えです。Google Webmaster Toolsを使ったXMLサイトマップというのは、サイトのURL構造を伝える、クローラビリティを支援するものであり、これの発行すなわちインデックス時間の短縮を表しているわけではありません。

世の中のユーザの関心事となっているウェブページであればTwitterやブログなどを通じてリンクされるでしょうから、そうしたウェブページは検索結果に表示する価値がある、したがってインデックスも速くなります。

一般のウェブサイトであれば、RSSの発行、ping送信などによって結果的に他のウェブページからリンクが張られることになるので、これも間接的にインデックス時間を短縮するのに貢献します。

SEMリサーチ


やはりみなさん既にご存知で実践されているこのアプローチが手っ取り早いようです^^:

どんなすごい方法があるのかと思ったら・・・(爆)

でも直接回答されているのだから更に行動はしやすくなりますよね^^




当サイトは、みんなでつなごう相互リンクの輪に参加しています!


【ドロップシッピング始めるなら☆】

もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング - 誰でも無料でネットショップ開業 副業にも


DS会員バナー



ドロップシッピングで売れる!儲かる!WEBセオリーに基づいて作られた本格派ホームページテンプレート




【オススメサイト】

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布


theme : 今日のつぶやき
genre : 日記

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

easybeauty

Author:easybeauty
最近ドロップシッピングはじめました☆
よろしくお願いします♪

最新記事
MicroAd


マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
Twitter
ドメイン&サーバー
Yahoo!オークション
最新コメント
ベストセラー



ウイルス対策
ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

シマンテックストア
月別アーカイブ
つけめん、ラーメン
最新トラックバック
カテゴリ
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
ブログランキング
ブログランキングに参加中です♪☆

にほんブログ村 小遣いブログ ドロップシッピングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





オススメサイト
もしもDS
リアルDS
リンク
オススメサイト
キャンペーン中♪
DMM.com ファッションレンタル



DMM.com CD&DVDレンタル
ブロとも一覧

net shopping  「美的通販生活」

★おいしいもの.com
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

DSブログ相互リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

簡単ショップテンプレート
相互リンク集1
検索フォーム
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。